鶴が丘ガーデンホスピタル【公式】|東京都町田市|精神科・心療内科 | 不眠、不安、うつ、更年期症、思春期の方から、認知症、統合失調症まで、幅広く対応しています。

メイン画像
  • HOME
  • 病院のご紹介|院長のご挨拶

「 人の心身を癒す 」
この崇高な天職を与えられたことに感謝し、
誇りと畏敬の念をもって、毎日を全職員とともに励んでおります。

 ―”きめ細かい手作りの医療”と”家庭的な雰囲気の開放的な医療”を目指して―
image 《 2021年4月 当院は創立50周年を迎えました 》
 不眠、不安、うつ、更年期症、思春期の方から、認知症、統合失調症まで、幅広く対応している心療内科・精神科の医療機関です。
 最新の薬物療法とともにm-ECT(修正型電気けいれん療法)をはじめ患者様・ご家族様向け各種プログラム訪問看護サービス精神科デイケア地域精神保健福祉活動研修・実習の受入れ等を行っています。

院長就任にあたって

image


 このたび父が40年間守ってきたこの病院を引き継ぎ、院長を務めることとなりました。

 就任間もないころ、医師と管理職が全員集まり、今後の病院作りについて想いを語り合いました。そしてみんなでこんなことを決意いたしました。
 

●私たちは医療を通じ、病や不安からの回避だけでなく、幸せな時間や空間を提供したい。
●そして関わる私たち自身も幸せになりたい。まずは職員一丸となり笑顔で、どんな時も楽しみを見つけ、感謝を忘れず歩んでいこう、と。

 どのような状況でも、考え方次第では不幸にも幸福にもなり、心のあり方が非常に大事です。実践のためには常に前向きな姿勢が必要です。まずは自分たちができることから、一つずつ行動していこうと思います。 

 医療や社会資源の未発達な中、精神医療を切り開いた40年は、いわば病院の創生期でした。現在病院を取り巻く環境は大きく変わっています。自殺率や認知症の問題、病床削減や在宅移行など精神科医療の今後が問われています。 

 次のステップとして、時代のニーズに合わせた生き生きとした都市型精神科医療機関をめざし皆様の「生きることをまた楽しめる」お手伝いを私たちの使命としていく所存です。

 皆様方の日頃からのご理解とご協力には、いつも感謝しております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

院長 後藤晶子